アウトソーシング

学校に対する生徒や保護者からの要望は、年々多様化・複雑化してきております。

土曜日や長期休暇中の講習・補習、問題作成などの教務に関する業務、採用代行や事務作業の代行など、学校運営に必要な様々な業務のアウトソーシングに教員人材センター キャリアビスタがお応えいたします。

 

ご相談

1.ご相談

貴校のニーズに合わせて、アウトソーシングに関する提案をさせていただきます。

契約

2.契約

アウトソーシングの導入が正式に決定しますと、業務請負契約を締結します。

構築

3.構築

適切な人材の採用を行い、業務を行う人材を決定します。

業務フロー、カリキュラムを構築します。

業務開始

4.業務開始

必要に応じて、研修を実施し、業務開始の準備を行い、万全な体制を作ります。

サポート

5.サポート

業務開始後は、業務運営のサポートや改善提案などを行います。

導入事例

ケース① S中学校高等学校

「授業に遅れがちな生徒に手厚いフォローをしたい」

高校1、2年生で大学受験を視野に入れた授業を行っているが、生徒自身がまだその意識が芽生えない状態が続いている。

そこで、入試問題を体感し、今後の学習で何を意識すべきが発見する時間をつくり、授業・家庭学習を生徒自身が受験を意識できるようにしたい。

ケース② J中学校高等学校

「大学受験勉強の意識付けを図りたい」

中学入学者のプライドを傷つけないように、主に計算・漢字の確認を行うことで、中学数学・国語へスムーズに移行したい。

また生徒の学習習慣定着の準備も行いたい。

ケース③ T中学校高等学校

「算数・国語の基礎不足をなんとかしたい」

放課後・夏期・冬期等に個別指導型の補習教室を設置。数学・英語・国語の各専門講師が各生徒を個別に指導しました。

生徒の状況を詳細に確認しながら指導を行い、生徒自身に「学習すれば出来るようになる」という感覚をもてるようにしました。

学校の進度の確認と生徒の状況の報告を密に行い、クラス担当等の各生徒の把握もできるようにしました。

夏期・冬期に短期講座で、英語長文講座を実施。生徒の主な志望校の問題に焦点を当てて、特徴を押さえながら講義を行いました。

また希望制で生徒の学習相談も行い、今後の学習方針などのアドバイスを行いました。

放課後の特定の曜日に、計算・漢字に特化したプリント学習をチューターと合わせて行いました。

生徒の理解度に応じて難易度を調整し、確実に生徒の理解の幅を広めるように図りました。

ケース④ S中学校高等学校

「アドミッションポリシー・ディプロマポリシーにあった入試問題を作成したい」

入試問題の作成・校正を実施。

自校の教育内容を整理し、卒業時の生徒の成長イメージと入学時に求める生徒の能力を明文化しました。

その上で、求める能力をみることができる問題の作成・校正を行いました。

ケース⑤ K中学校高等学校

「教員を目指す方に自校を知ってもらい、自校にあった人材を採用したい」

教員志望者対象の採用説明会を実施。

自校の教育方針や生徒の様子、職場の様子等を伝えることで、教員志望者に自校の魅力ややりがいをアピールしました。

また現場の先生の声を聞くことで教員志望者も働くイメージをつけることができ、高いモチベーションを持った方が応募・採用することができました。