<専任・常勤・非常勤の違い>

公立・私立には雇用形態として、専任・常勤・非常勤といわれる形態があります。

各学校により名称が異なる場合がありますが、各形態の概要は表のようになります。

雇用形態 主な仕事内容
専任 学校によっては「教諭」「専任教諭」等と呼ばれます。正規雇用(期限の定めのない雇用)になります。
授業はもちろん、クラス担任や教科主任・進路指導など学校内にある様々な校務を担当します。
学校内の最も重要な業務を行う教員です。
常勤 学校によっては「専任講師」「特別任用講師」等と呼ばれます。非正規雇用(期限の定めがある雇用)になります。
基本的に1年契約となり更新もあります。
また学校では常勤の教員を更新時に専任として採用することもあります。
フルタイム勤務となり、授業に加え、専任に準ずる校務を行います。
非常勤 学校によっては異なる名称で呼ばれることもあるようです。
非正規雇用(期限の定めがある雇用)になります。
基本的に1年契約となり更新もあります。
授業が主な業務となり、その他の校務を行うことはあまりありません。
そのため授業がある日に出勤することになります。

 

※その他には産休・育休代替講師もあります。常勤として産休・育休期間勤務することになります。

現在の私立学校は新卒(未経験者)であっても、転職者(学校勤務経験者)であっても、初年度は常勤・非常勤として雇用し、勤務の様子から契約更新時に専任として雇用する場合が多いです(初年度から専任として雇用する場合もあります)。
公立とは違い私立学校は転勤がないため、一度専任として雇用した場合、定年まで同じ学校に在籍することになります。
そのため、専任として雇用する際は自校の理念や雰囲気に合う方かどうかを慎重に見極める必要が生じます。