教員のお仕事をお探しの方

履歴書の書き方

①「学歴」

受験をして入学したならば小学校から記載した方がいいでしょう。
一般的な公立小学校、中学校を経てきたならば、高校入学時からで構いません。

応募職種で生かせる専攻、研究テーマは、詳細に記載しましょう。学校名は、略さず正式名称で記載し、「高校」ではなく「高等学校」と書きます。

履歴書の書き方1

②「職歴」

時系列に記載し、学校名・会社名は略さず正式名称で記載しましょう。

非常勤講師歴、アルバイトを含む塾での指導歴、これらは教員指導経験とみなされますので、必ず記載しましょう。
学校での勤務経験がある場合は必ず勤務形態(専任・常勤・非常勤)も記入して下さい。
なお、退職時の理由は契約終了の場合「任期満了により退職」、 自己都合の場合は「一身上の都合により退職」と明記してください。

履歴書の書き方2

③「免許・資格」

免許・資格の正式名称を記載します。

英語の場合は英検、TOEIC、TOEFL、情報の場合はアドミニストレーター、養護の看護師等です。専門性の高い知識、経験、スキル等が求められる資格は積極的に書きましょう。

履歴書の書き方3

※英語科教員を志望の場合、英検は2級でもマイナス評価となりますので記載しない方がいいでしょう。

※英語の資格についてこちらをご参考下さい。

④自己PR

「自己PR」は「自己紹介」とは違います。応募する学校の特徴を踏まえて、自分の活かせる能力・経験を記載します。自己分析をしっかりとしましょう。

具体的なエピソードを用いて、自分の教員としての長所・強みを伝えましょう。

履歴書の書き方4

履歴書ダウンロード

当社の登録でも利用している履歴書と同様のものが、PDFファイルにてダウンロードができます。
A4サイズで作成されているため、そのほかの用紙をお使いの方は、用紙の設定変更が必要です。
当社に登録いただく際の履歴書にぜひご活用ください。

pdf_banner

上記PDFファイルを閲覧するには、Adobe Reader が必要です。
お持ちでない方は左バナーよりダウンロードしてください。