今後英語教員に求められること

2013/12/13

先日2020年度から中学校の英語も英語で授業を行うという報道がされました。

文部科学省の「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」では、2020年に目指す英語教育のあり方が提示されています。

提示されている英語教育の目標には以下のような点を取り入れるそうです。

・「英語を用いて何ができるようになるか」という観点から目標を具体化する

・“聞き取り”、“多読”、“速読”、“作文”、“発表”、“討論”の内容や量の増加

・我が国や郷土の伝統や文化について英語で伝えるという視点を加える   等

 

当然上記のような英語教育を実践するには教員の質が問われることになります。

具体例として全ての英語教員に英検準1級、TOEFL iBT 80 程度以上の英語力を求めるそうです。

 

今まで以上に資格取得が注目されます。

現在勤務している方はもちろん、これから教員を目指す方も機会があれば積極的により上のスコアを目指して下さい。