氷山の一角

2009/06/03

氷山の一角

最近雨がちな日々が続きます。
このまま梅雨入りになりそうです。

先日、新たに中学校を新設する学校の説明会に行ってきました。
新しく何かをするのはエネルギーが要すると思います。
ましてや新しく中学校をつくるにあたっては大きなエネルギーの集中があったはずです。

道案内をしていた先生や、説明をする先生、校内案内をする先生やその他の職員の方の、気持ちがいいほどの笑顔と真剣なまなざしにはエネルギーがあふれていました。

特に印象に残ったのは学校の教育方針を説明する場面でした。
スクリーンに映し出された美しい氷山の写真。
そこには海面により上に見える氷の塊よりも、はるかに大きい海面下の塊でした。

その写真とともに伝えた

“目に見えない学力”

そこに、今後の子どもたちの成長につながる土台作りを大切にしていることが伝わってきました。

“氷山の一角”

というと悪い意味で使われがちですが、この“氷山の一角”には学校の熱い思いがあふれていました。

これからのこの学校の変化がとても楽しみです。

たさか 記