七変化の彩り

2009/05/20

七変化の彩り

紫陽花の七変化の彩りを楽しめる日々も近づきました。
皆様にはますますお健やかにお過ごしのことと存じます。

紫陽花が嫌いだという友人がいました。
中高生時代、定期試験の時にこの花が咲いていたからだと述懐しました。

この花と定期試験とは時期がずれると思いましたら、どうやら結果が出た後の、辛い悔恨の日々と結びついていたようです。
担任や教科担当の教師の顔まで浮かんでくるのでしょうか。

年老いてなお試験の夢を見るという友人もいます。

教師になってから試験は出題することだけに心を注いできましたが、今更ながら、生徒たちの後々の人生の折り節にも悲喜交々の影を落とすことに思いを致しています。

皮肉なことに、現職を離れて教師という仕事の諸々が鮮やかに見えるようになった気がします。

ひこいおさむ 記